忍者ブログ
Photographer Naoko Ushiban  フォトグラファー 丑番直子
2018 / 08 / 17 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009 / 03 / 27 


10sgreen1.jpg
















10sGreen2.jpg



























明度と彩度が重なって、色は無限に存在している。
例えばグリーン。
一般的に黄と青の真ん中にあると、ミドルグリーン。
黄色に近づけばライトやリーフ。
逆に青に傾けば、エメラルドやピーコックと呼ばれ、
ダークになればオリーブ、ビリジアンと。
色にはたくさんの名前が付けられていて、
日本にも、自然から取り入れた伝統色名がたくさんある。

グリーンってどんな色?そう尋ねたら、どんな答えが返ってくるだろう。
グリーンと聞いて、どんなことを思い描くだろう。
そんな難解な質問を投げかけた写真展が、この「10's Green」。
雑誌・広告の一線で活躍する
10人の女性フォトグラファーが撮り下ろした色のイメージ。
ひとつの色から、作家の方々が自由な発想と視点で
現代を写し出そうとするエキシビションです。

商業写真の分野に携わるフォトグラファーは、
企画を立てる人、構成を考える人、
そしてデザイナーやコピーライターなど大勢のスタッフとの関わり、
コミュニケーションを取りながら新しいイメージを作り上げている。
それは個人の表現というより、むしろ共同作業。
他者の意見をちゃんとくみ取り、それでいて自分ともしっかり向き合っていく。
プロのフォトグラファーとは、技術やセンスだけではなく、
相手を受け入れる懐の広さも条件のひとつになっている。

しかし、そんなフォトグラファーにもこの「10's Grren」は勝手は違うはずだ。
「どんな色?」「どんなことを思い描く?」禅問答じゃあるまいし、
こんな抽象的な問いかけにもかかわらず、
快く企画の承諾をしてくれた10人のフォトグラファーの方々は、
やはりただ者ではない。

メインステージには、目に映る色彩で表現するGreen。
セカンドステージでは、こころで感じたGreen。
表現にも生き方にも
それぞれの個性を大切にしているフォトグラファー10人のGreen。
今を生きる女性ならではのメッセージを、
ここ広尾で響かせてくれることになりそうだ。

(2009年2月 EMONフォトギャラリーディレクター 小松整司 )


参加フォトグラファー
市橋織江・丑番直子・大橋愛・奥村恵子・片柳沙織
加藤亜希子・筒井淳子・徳永彩・鳥巣佑有子・中島古英

 

EMONフォトギャラリー
www.emoninc.com
東京都港区南麻布5-11-12 togo Bldg., B1
tel : 03-5793-5437

 

2009年3月27日(金)~4月25日(土)

 

平日     11:00~19:00
土曜日  11:00~18:00


オープニングレセプションパーティ
2009年3月27日(金) 18時より開催。入場フリー






開催中の写真グループ展「10's Green」を
3月27日写真展初日、毎日新聞に取材していただきました。

mainichi.jp.jpg




























「10's Green」展
メインステージには、目に映る色彩で表現するGreen
セカンドステージでは、こころで感じたGreen
私は9点出品しています。



こちらはメインステージの作品です。
mainichi.jp1.jpg




























初日は18時よりオープニングレセプションパーティが開催されました。
レセプションでは10’s Greenにちなんだライムベースの限定カクテルや
グリーンにちなんだフードも登場しGreenな一夜となりましたよ。 
沢山の方にお越しいただき大盛況でした。
ディレクター・デザイナー・フォトグラファー・編集者・写真関係者など
多くの同業・異業種の方々と出会い良い刺激を受けました。
声をかけてくださった皆さま、嬉しかったです。

reception01.jpg




















bokin_tree.gif















開催中の「10's Green」展は作品の売上の一部を毎日新聞社主催
植樹キャンペーン「あすを植える『My MaiTree(マイマイツリー)』」
寄付させていただき、全国で勧める植樹活動を応援しています。
お気に入りの写真はお家に連れて帰りましょう。
作品価格はギャラリースタッフまでお気軽にお問い合わせください。



PR